--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.13
Sat

そろりと来年の冬のWFの準備を始めようと思い、
前々から買いたい、買いたいと思っていたカッティングプロッタを購入しました。

DSC_3881.jpg

いままで、原型を作る際に何が一番辛かったって、プラ板を切る工程が一番辛かったので購入しました。


いきなりWF原型作るのは怖かったので、
ちょろっと満足感の欲しい完成品が欲しかったのもあって、MGの百式を購入したので、そのバインダーをアーカイブ版を参考に作ることにしました。

百式上羽

百式下羽+筋彫りガイド


DSC_3899.jpg


データを作成し、ほいっとプロッタにそのデータを投げて、
後は切ってくれるのを待つだけーと思ったら、そんな簡単には行きませんでした。


オブジェクトを用紙の端にまで配置すると、端の部分を切ろうとプロッタがプラ板を移動させた瞬間、プラ板の固定範囲を超えたプラ板がグワングワン動きながら、刃はプログラム通りに動こうとする地獄が起こりました。



オブジェクトの配置を直し、5回目のトライからは思った通りに切ってくれるようになりました。

DSC_3901.jpg


DSC_3902.jpg

プロッタである程度まで切ってくれたら、後はデザインナイフで軽くなぞると綺麗に切り抜けました。
定規をあてる必要もないので、いままでに比べたら、格段に楽に出来るようになりました。



そして、切り抜いたプラ板にペーパーをかけて、流し込みセメントを流して接着しました。
DSC_3914.jpg

DSC_3915.jpg

中心線を頂上に、斜面を削っていきます。
筋彫りガイド用のプラ板も簡単に作れるので、とっても便利でした。


kosi.jpg

前回のWFにて販売した軽逆も、もっと高い精度でダボ穴とかも追加したいのでリファイン計画中です。



PS

デカールを貼り、トップコートも吹いて高機動型F2ザク完成しました。



comment 0 trackback 0
05.11
Mon

F2ザクに、高機動型ザクの脛を持ってきて、センチネル風(?)F2ザクを作っています。





特に改造もせず、パパっと完成するだろうと思っていたら、足の関節の互換性がなく、F2ザクと高機動型ザクの膝関節を加工し、接続できるようにするところから始まりました。

そして、F2ザクの脛のパーツを高機動型ザクに移植してパテで慣らしました。

足のエネルギーパイプ(?)も、足の長さのバランスが変わったため、キットのものは使えなくなったので、市販のメタルパーツを使用しました。



DSC_3703.jpg

バーニアやスラスター類の塗り分けに悲鳴を上げながらも、塗装も無事終了。
バックパックのスラスターのような、外壁・内壁・底で3色塗り分ける場合は外壁→底→内壁の順に塗っていくのが今のところ一番楽ですね。

サフや塗料をツールクリーナーで希釈すれば、液ダレもなくバーニアの奥にまで塗料を乗せられるということを教えて頂いたり、
ガイアノーツから発売されたピンクサフのおかげで、白・赤・黄等のバーニア内部色の色を塗り分けるのが楽しく感じられるようになりました。

メタルパーツも、食わず嫌い的な感覚で使わないでいましたが、いざ購入してみて塗装してみたら、凄くいい感じに馴染んでくれたので、超ありありって感じです。


ピンクの塗料のストックがなかったのでバルカンとモノアイの塗装も残ってますが、パパっとデカールや墨入れも終わらせて完成させたいですねーーーーー。
やれることが増えてきて今までよりも楽しくなってきました。多分。
comment 0 trackback 0
04.02
Thu

1/144 零式壱型完成しました。


正面1


正面3

百式の「百」マークのノリで、左肩と左スカートに、ハイキューデカールのTRデカールの「009」を切って「00」を貼りました。
右肩の「A.E.U..G.」のデカールは、RG Zガンダムのデカールを貼りました。

目と額のカメラもオレンジで塗り分けましたが、地味でした。



正面2



背面1


DSC_3436.jpg


DSC_3437.jpg


外側の脛の小さいバーニアは、コトブキヤの直径4mmのバーニアを使用しました。
バックパックの小さい方のバーニアも同様です。

脹脛と、バックポックの大きい方のサイズのバーニアはメタルパーツを塗装しました。


つま先はキットのものを切断して、5mmのサイズに切ったプラ板を挟んで延長しました。


バインダー1

「00」のデカールはハイキューパーツのTRデカールの大判のモノを貼りました。
アンダーラインのオレンジラインは、ハイキューパーツのNC05のグレーにあったモノを切って貼りました。


バインダー2

左バインダーの大判、中判のデカールは、RG Zガンダムのデカールを切って貼りました。


カラーレシピ

本体レッド    下地にガイアノーツ ピンクサフ → クレオス キャラクターレッド + ガイアノーツ ピンクサフ
本体レッド2    下地にガイアノーツ ピンクサフ → クレオス キャラクターレッド + クレオス ブラック

バックパック黒  サフ → ミッドナイトブルー + ホワイト + ブルー

関節        ブラックサフ + サーフェイサーエヴオ

バーニア外側   黒鉄色
バーニア内側   ガイアノーツ ピンクサフ → イエロー +黃橙色


でした。


comment 0 trackback 0
03.26
Thu







DSC_3238.jpg


DSC_3241.jpg

粘土埋めをして、シリコン型を作り、左右共通パーツの複製をしました。



DSC_3242.jpg

初の4面型複製も大成功しました。
やってみると簡単なモノでした。



DSC_3228.jpg

複製作業の待機時間に、つま先の延長工作も行いました。


DSC_3268.jpg

DSC_3270.jpg

また、1.5mmプラ板、1mm真鍮線、0.5mm真鍮線で後頭部のアンテナを作成ました。



DSC_3252.jpg


DSC_3253.jpg


そんなこんなで表面処理も行いました。(画像はレジン複製直後のモノ)
明日から塗装します。
comment 0 trackback 0
03.19
Thu


引き続き零式です。




バインダーのアームを作りました。



DSC_3177.jpg

DSC_3180.jpg

バインダーも表面処理をして、モールドを彫りました。



DSC_3182.jpg

バックパックも真ん中のブロックの、下側フィン?を組み立てました。



DSC_3185.jpg

そんなこんなで原型が揃いました。
もう片側分のパーツを揃えるのに複製します。


一部のパーツは2面型じゃ抜けないので、3面型、4面型で複製することにしました。

DSC_3196.jpg


DSC_3201_201503192208197c4.jpg

もう片側の面を型取りしたら、普通の2面型に混ぜます。
comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。