--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.16
Wed

そんな訳でスプリットムーンを製作する事になりました。
追加ブースター買うお金が無いから自作だよ。。


DSCN9699.jpg
まずはゲーム画面をデジカメでパシャリ



DSCN9702.jpg

それを参考にラフ画




DSCN9703.jpg

DSCN9704.jpg

そして、サイズ調整&パーツ分け



DSCN9712.jpg
取り敢えず、中心になる部分をプラ板に転写して切り出し


DSCN9715.jpg
サイズの最終確認。
オッケ。



DSCN9717.jpg
パーツ毎に分解。
左下のはブースター本体
プラ板の箱組みで作ります。

右側の外装?になる部分は、プラ板をガイドにパテで成形。
そしてキャスト置き換え&複製します。


DSCN9725.jpg

まずは、大きいブースターの製作。
パーツの厚さは基本的に1mmにします。
今回は5mmプラ板×2で対応。
1mmプラ板が無かったので…。。。


DSCN9726.jpg
接着。
断面のズレは、後日パテを盛って対応。


DSCN9731.jpg
とりあえず基礎。
後日デティールアップ。


DSCN9732.jpg
同じようにして小さいブースターも製作。


DSCN9733.jpg
こんな風にくっつける感じで。



DSCN9718.jpg
外装パーツは底面部分もプラ板で作ってやって接着。


DSCN9728.jpg
それに、パテを盛ってやってこんな感じに。
重い!


DSCN9738.jpg
DSCN9737.jpg
明日はサイドパーツの製作!


我ながら良い製作スピード!
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
11.19
Sat


追加ブースターの図面ですん。
これ最初は
左上の図面のverを製作して、アリーヤと合わせてみたら小さいことに気づいて
右側verの図面を書き起こしたんですよ。
そして、芯になる部分があらかた出来たんでサイドブースターの図面を起こそうとした時に
なぜか、左上verの図面を参考にしてサイドブースターの図面を書き出しちゃって
「あれ?なんでサイズ合わないんだ? 図面通りにやってるのにおかしいなぁ…」
と、悩みに陥ってしまって製作ストップ。

そして今日
「あ! 小さい方の参考にして図面書いてた!!」
って気づいて、書き直し。
DSCN9740.jpg




DSCN9745.jpg
骨組み作成中です。



DSCN9743.jpg
芯部分は、もう少しで表面処理終了な感じですかねー。
箱組ブースターと外装の曲面部分がピッタリ合った時は思わず感動。

明日はプラ材を買ってきますか。


原型終わるといいな。。。
comment 0 trackback 0
11.20
Sun

アリーヤのサフ吹きも8割終了。


そして、サイドブースター製作の続き



DSCN9750.jpg

片方は、装甲内部にブースターを箱組
片方は、センサー棒を仕込むために丸型の空間を確保
そしてパテ盛り


DSCN9751.jpg

センサー棒も製作開始
下部ブレードの図面も書き出さねば。
comment 0 trackback 0
01.23
Mon



光硬化パテのおかげで作業がはかどります。
これは本当に素晴らしい。


DSCN0292.jpg
今まで放置していたフィン部の製作と接続も完了。


DSCN0294.jpg
ブースターの内部パーツの作り込みも完了しました。
何気にここが一番大変だった、、、(゜∀。)


コアとの接続パーツも作って、漸く一段落つきました( ^∀^)

DSCN0293.jpg



DSCN0295.jpg


DSCN0296.jpg



後は適当にでティールアップしたり、モールド彫ったりして複製ですね。






それと、今日ユザワヤでパテ買ったんですよ
DSCN0289.jpg


DSCN0290.jpg
家に帰って、ヤベーいっぱい入ってる!とか思い
いざ、使おうとしたら経年劣化でゴミになってやんの








(´・ω・`)
1000円…



comment 0 trackback 0
01.24
Tue


スジ彫りなんか大嫌いだ!!!




はいどうも。
曲面パーツのスジ彫りツライ。
この一言に尽きる。。。


でも最大の難所が残っているんだ。

DSCN0298.jpg
赤線の部分にスジ入れなきゃいけないのに…

接着する前にやればよかった…

あぁ…面倒くさい…orz.

comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。